TOP > 初冬の東京黄昏時
 ← 鎌倉 大船観音寺 | TOP | 自作PC、苦闘1カ月

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 初冬の東京黄昏時 

2006年11月27日 ()
劇団所属で俳優の友人が、自分で構成した番組の
ラジオ公開録音をするから見に来ないかと誘いがあった
都内某所のJazzBarで彼の知り合いが大勢集まった

トークあり、笑いあり、音楽あり
とても楽しい時間を過ごすことができた

慣れない楽器を途中音程も若干外しながら
額に汗を滲ませながら一曲弾き語った

今まで手にしたことのない楽器
相当特訓をしたに違いない
でもその苦労は微塵も表情に出さない
楽しそうにお客を楽しませている
まさにプロである

俳優という職業も大変だ
何でもこなし
慣れないものは特訓をして本番に合わせる

できないとは言えない職業
多くの人に私生活まで知られる職業
それでも彼は自分のスタイルを持って仕事を楽しんでいる

番組は彼らしく仄々と、とても暖かくココロに染み入る構成だった

帰り際、彼は店の出口で収録に駆けつけてくれた友人たちに
一人ひとりありがとうと声をかけながら握手していた

収録が終わって地下フロアのJazzBarを出たら
夕陽が街を黄金色に照らしていた

目の前の大通りの先には
東京タワーが夕日を浴びて輝きを増していた

初冬の東京黄昏時
少しだけ背筋を伸ばして歩きたくなった
スポンサーサイト
[2006.11.27(Mon) 23:40] 東京日和_散歩Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 鎌倉 大船観音寺 | TOP | 自作PC、苦闘1カ月

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://rizfactory.blog72.fc2.com/tb.php/58-de244e6c
 ← 鎌倉 大船観音寺 | TOP | 自作PC、苦闘1カ月

 

          

★ Category ★

Link

Count

Profile

Display of all

ブログ検索

mail

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。