TOP > Finance 投資リスクと向きあうために
 ← 鎌倉 納言志るこ店 | TOP | 鎌倉 鳩サブレー

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク Finance 投資リスクと向きあうために 

2006年11月06日 ()
低金利が続く日本経済
虎の子を銀行に預けていただけでは資産はなかなか増えない時代です

少子超高齢化の日本が負わなければならないこれからの課題として
今後、社会保障などの税制面での負担が増えていくことが予想されます

銀行に「おまかせ」して預けっぱなしではなく
世の中の情勢(政治、経済変動)に関心を持ちながら
自分自身の責任と行動力で投資に資産をシフトしていく必要性は高いといえます

誰もが手持ちの資産を1円でも目減りさせたくはないと思っています
だから一番安全な預金が安心と考えがちですが
投資商品につきもののリスクに恐れて踏み止まっていては資産は増えません

元本保証のある預金は確かに変動リスクが少なく流動性リスクも小さいので
リスクの低い商品といえますが、将来の日本の経済を考えると心もとない気がします

長期的視野で資産形成を目指し
それら金融商品が持つリスクとうまく付き合っていくことが求められます

一般的に、リスクの小さい商品分類の順番は
国内債券、外貨預金、外国債券、国内株、外国株となりますが
この順番はリターン(期待値)も小さい商品であるといえます

投資に付随するリスクとしては大きく分類すると以下があります

ニュースや新聞でも耳にしたり目にとめたりすることがあると思います

  価格変動リスク  市場での取引により価格が上下すること
            (価格変動リスクには、金利リスクと為替リスクがある)

  信用リスク    債券や株式の発行母体の経営破錠などによりその価値がなくなること   

  カントリーリスク 国の信用をいい、政治・経済が安定しているか否かのリスク

  地政学的リスク  特定の国や地域での政治的、軍事的緊張感が高まること

  流動性リスク   現金が必要になった際の換金(途中解約)のし易さ

  インフレリスク  物価の大幅な上昇による資産の実質的価値の目減り


投資をする前にその商品にどんなリスクがあるか
あなたの余裕資金と家族構成や年齢などを考慮し
どれだけのリスクが負えるか検討する必要があります

無理は禁物です
投資と投機は違います

初めて投資する場合は小額から始めてみましょう

また、投資商品を購入したあとは時々見直しをする必要があります
(リスク変動は刻々と変動します)
定期的な資産配分(資産のバランス)を、都度調整する必要もあります

短期でリターンを得ることを目的としないで
長期的視野で資産形成を目指せる金融商品を選択しましょう

>>>..... Financial planner
スポンサーサイト
[2006.11.06(Mon) 05:30] FinanceTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 鎌倉 納言志るこ店 | TOP | 鎌倉 鳩サブレー

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://rizfactory.blog72.fc2.com/tb.php/54-b0d45005
 ← 鎌倉 納言志るこ店 | TOP | 鎌倉 鳩サブレー

 

          

★ Category ★

Link

Count

Profile

Display of all

ブログ検索

mail

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。