TOP > 湘南に住むということ-Ⅲ
 ← 鎌倉 稲村ガ崎 海菜寺 (うなじ) | TOP | 湘南に住むということ-Ⅱ

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 湘南に住むということ-Ⅲ 

2007年09月22日 ()

湘南に住む人にとって
たかだか電車で1時間程度の距離にある
多摩川を渡った先の「東京」はとても遠いところなのである

だから湘南人は「仕事で東京へ行く」と言う

行き先の地名をピンポイントでは言わない
「銀座に行く」とは言わない
全部まとめて「東京」であり
隣県なのに地方から上京する感覚なのである

とはいっても平塚、茅ヶ崎、藤沢、鎌倉
東京までの通勤時間は1時間

しかしこれがツライ時間
新聞も読めない混雑した電車に揺られて多摩川越え
山手線と違って次の駅までが長い

袖触れ合うも何かのご縁どころか
見知らぬ人と肌を密着させ
他人の息を嗅がせられ
いろんな匂いが強烈に混ざり合った車内の空気

身動きひとつせず息を潜める
とにかく耐えて耐えて「痛勤」している

関東近県で東京に通勤する人口が一番多い県が、神奈川県
神奈川県民は日本全国で通勤時間が一番長い県民と
過去に新聞に載ったことがあった

通勤ならぬ「痛勤」で時間の浪費をし
いらぬ体力を消費し職場を目指す

長年の「痛勤」で耐えて我慢強い性格が自然に形成される
悲しくもある神奈川県民なのである

そんな神奈川県民が心を癒される場所「湘南」
強烈なブランドを持った神奈川県民は
我慢のご褒美に自然豊かな「湘南」を与えられているんだと思う


スポンサーサイト
[2007.09.22(Sat) 23:30] 湘南_LifeTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 鎌倉 稲村ガ崎 海菜寺 (うなじ) | TOP | 湘南に住むということ-Ⅱ

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://rizfactory.blog72.fc2.com/tb.php/122-265bb22e
 ← 鎌倉 稲村ガ崎 海菜寺 (うなじ) | TOP | 湘南に住むということ-Ⅱ

 

          

★ Category ★

Link

Count

Profile

Display of all

ブログ検索

mail

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。